我々は「春と夏」に何を求めているのか